クリプトモナス近影

じっとしているクリプトモナスがいたので、クローズアーップ。
右上で収縮胞が動いています。
真ん中のくぼみの周りのつぶつぶは、射出体(トリコシスト)ってやつですかね。
これ、刺激で糸が出たりするらしいんですが、どういう時使うんだろう…

ツンデレのハルくん

あのさあハルテリアくん。
君って、撮ろうとすると逃げちゃうのに、他のひとを撮ってると乱入してくるよねー。(この時もそうだった)
なんで?ツンデレなの?(…んなわきゃない)

*小さい奴を撮ってるところに乱入されたので、どアップが撮れましたとさ。収縮胞もよく見える(^^)

ゴニウム(細胞数8)

以前のサンプルを溜めてある容器から、細胞数が8のゴニウムGonium(ヒラタヒゲマワリ)を発見!
ゴニウムは通常、細胞数8または16で群体を形成します(前回のは16個でした)。
8個の場合のフォーメーションは何種類かあるみたいですね。

ところで、ゴニウムがどう殖えるかって気になりません?
私は、クンショウモの殖え方を知ってから、群体をつくる藻類がどう殖えるのか気になってしまいます…
興味のある方は、次のページへどーぞ(^^)
ゴニウム・ペクトラーレ Gonium pectorale

【追記】ちなみに、上記ページで説明されているのは有性生殖時の挙動について。単純に細胞分裂による娘群体の形成も行います。
参考:ゴニウム属(霞ヶ浦のプロチスタ)

すいーーっと、カシラワムシ

こちらは、ゆったりすいーーっと、独特な雰囲気のワムシさん。
良い姿勢でのんびりと進みます。
コガタワムシ科カシラワムシ属Cephalodellaの一種らしい。

Cephalodella forficulaにも姿が似てますね。
(リンク先には「デトリタスで管を作って住む」とあります)

あまり足を開きませんが、たまに開いた姿がまた可愛らしい(^^)

開脚カシラワムシ1.jpg 開脚カシラワムシ2