巨大風船トラケリウス

まるで大きな風船のよう。大きさ約350µm。
トラケリウスの大型種だと思います。Trachelius ovumかな?
表層にたくさんの収縮胞が見えています。

先日別のトラケリウスを見た際も「Trachelius ovumでしょうか」と書いたのですが(270µmほどあった)、これはさらに大きく、雰囲気もちょっと違います。
もしかするとこちらがovumで、あちらは別種だったのかも知れません。

ハダカオビムシ?

渦鞭毛藻の仲間のようです。ハダカオビムシGymnodiniumでしょうか?
大きさは30µm弱。

どアップにしてみると(後半)、横溝に沿って鞭毛が動いているのがわかりますね。
横鞭毛は溝に沿ってリボン状に巻いたような形状になっているそうです。

参考:
渦鞭毛下門 Infraphylum Dinozoa(生きもの好きの語る自然誌)
細胞の構造(ようこそ渦鞭毛藻類の世界へ)

進行形の寄り目?(オナガさん)

こちらは、飼育中のオナガミジンコさん。
背中の子どもがだいぶ大きくなっていますが、まだ複眼が融合していない(2つに見える)ので、生まれてくるまでもう少しかかるんだろうな〜と思いながら見ていました。

ところが…

その直後に見つけた、生まれてさほど経っていなさそうな小さな個体を検鏡すると、あれー!
複眼の融合、完了してないじゃん!

複眼が一つにならないうちに生まれてくる種類のミジンコさんもいるらしいので、オナガミジンコもその一つ、ってことなのかなー?

静止画も置いときます。

オナガさんベビー

エンキオネマ・チューブ

池サンプルより、長〜く連なった珪藻を発見。

珪藻群体

粘液質の管(多糖類でできている)に入った群体で、おそらくエンキオネマ(ハラミクチビルケイソウ)属Encyonemaではないでしょうか。

その横っちょに、ミドリムシがくっついてました(^^)
珪藻単体の形はキンベラさんに似てますね(実際、以前はCymbella属に含められていたそうです)。

参考:
珪藻の生活形(珪藻の世界)
エンキオネマ属(霞ヶ浦のプロチスタ)
MWS 本日の画像(2014年2月14日の記事参照)

優雅なカタオワムシ

どうやらカタオワムシMonommataさんと思しきお方。
長〜い趾(あしゆび)に柔らかな体。
弧を描いて優雅に去っていきました。

[余談]現在mScopePalの改修作業中。次バージョンでは撮影モードやホワイトバランス値が保存できるようになる見込み(^^)