MIDI専用コード弾きアプリ「MIDIChordy」v2.0アップデート

  • 投稿日:
  • by

3月13日、MIDIChordyのバージョン2.0を提出しました。審査に通り次第、配信されます。→リリースされました。
*iOS 11.0以上に対応です。

今バージョンより、機能が大幅にパワーアップ。
現時点でChordy 2やM-Chordyにはない「カスタムコード機能」(好きなコードをひとつ登録できる)も搭載しました。

  • ベースノートをつけられます。これでonコード(分数コード)も弾ける!
  • テンションノートを2音まで付加可能(コードのみ)
  • コードの構成音をミュートできるので、omitコードも弾ける!
  • カスタムコード機能を使えばジミヘンコードも弾ける!

MIDIChordy v2.0 画面

また、ソロキーボード上のディグリー表示に臨時記号が付くようになりました。

Audiobus MIDI Routingを使わないのであれば、メモリの使用量も少なく軽量なMIDIChordyの使用をお勧めします。
*機能増に伴い、3月20日より価格を改定します(価格帯 2→4)。お早めにどうぞ!

このバージョンの最新情報

・新機能:カスタムコード、ベースノート演奏、テンションノート演奏(コードのみ)、MIDIでのベースノート分離 など
・ソロキーボード上のディグリーに臨時記号が表示されるようになりました。
・改良およびバグフィックス

*通常は、コードとソロには別のMIDIチャンネルを設定してご利用ください。
(同じにすると単一楽器モードに入ります。詳しくは「連携機能について」を参照)。
*サンプラー音源は内蔵していません。MIDIChordy単体では音は出ませんので、お気に入りのシンセアプリなどと連携してお楽しみください。
*Audiobus MIDI Routingには対応しておりません。

Macとの接続に関しては、従来の方法(Wi-Fi MIDI / MIDI over Bluetooth LE)に加え、iOS 11よりIDAM (Inter-Device Audio + MIDI)と呼ばれるLightning-USBケーブル接続でのMIDIルーティングが利用可能です。
(Mac側の「Audio MIDI設定」> 「オーディオ装置」からデバイスを有効にすればOK)

説明は順次加筆中です。

English description coming soon.